*

書籍に電書無料で提供・「プラス電書」サービスの実験

公開日: : お知らせ


電書ラボでは、ポット出版と一緒に、書籍に電書を無料でプラスするサービスの実験にとりくんでいます。(って、ほとんどおんなじ人間がやってるのですけど、、、)

ポット出版からニュースリリースがだされたので、実験概要などはこちらを参照ください。

────────────────────

【報道資料】書籍に電書無料で提供・「プラス電書」サービスを開始します

    2014/11/04火  ポット出版(担当 沢辺・田中)

ポット出版は11月初旬発売の書籍(紙の書籍)・2タイトルに、電書(電子書
籍)無料提供サービスをおこないます。

●タイトル
今回のサービスは「専門書」に効果的ではないか?という仮説でおこないます。
・自宅と仕事場・研究室など、複数の場所で読まれる可能性が高い
・本文検索をする可能性が高い
とおもわれるからです。
その意味から、下記タイトルをこのサービスの対象としました。
あわせて、『電子図書館?』は、図書館へのアンケート調査結果を
掲載しています。その表組みは、画像としないで、EPUBのテーブルとして
制作しました。
検索時にヒットさせるためです。
また、デバイスの音声読み上げ機能で、読み上げできることによって、
視覚障害者でも聞くことができるようにしました。
現在の一部ビュアでは、表示が乱れることがありましたが、ビュアの改善の期待
をこめて、EPUBのテーブルとして制作しています。

○電子図書館・電子書籍貸出サービス 調査報告2014
植村 八潮, 野口 武悟:編著, 電子出版制作・流通協議会:著
B5判 224ページ 並製 ISBN 978-4-7808-0214-6 C0000
書籍・希望小売価格:2,600円+税 ISBN 978-4-7808-0213-9 C0000
電書・希望小売価格:2,000円+税
http://www.pot.co.jp/books/isbn978-4-7808-0214-6.html
書籍書店発売日 2014/11/13木(11/10月ころから書店着)
電書(有料版)発売日 2014/11/10火
電書(無料サービス版)公開日 2014/11/10火

○アーカイブ立国宣言 日本の文化資源を活かすために必要なこと
編集委員会:編, 福井 健策, 吉見 俊哉:監修,
青柳 正規, 御厨 貴, ほか:著
四六判 272ページ 並製 ISBN 978-4-7808-0213-9 C0000
書籍・希望小売価格:2,300円+税
電書・希望小売価格:1,800円+税
http://www.pot.co.jp/books/isbn978-4-7808-0213-9.html
書籍書店発売日 2014/11/14金(11/13木ころから書店着)
電書(有料版)発売日 2014/11/10火
電書(無料サービス版)公開日 2014/11/10火

●方法
電子書店で会員登録の上、電子書店で、
書籍のオビに印刷してあるクーポンコードを入力して、
ダウンロードすることができます

●対応電子書店
honto
紀伊國屋書店
BOOKSMART
BookLive!

●特徴
・すべての書店・ネット書店で購入した書籍でサービスを提供します
 書籍オビに電子書店共通のクーポンコードを印刷したので可能になります
・会員登録することで、サービスに対応する電子書店なら
 どこでもダウンロード可能です
 すでに会員登録してあれば、あらたな会員登録は不要です
・対応する電子書店は、ひきつづき拡大予定です

*これまで同様の「書籍を買うと電子書籍がついてくる」というサービスがあり
ますが、特定の書店で購入して、その提携する電子書店で無料提供するものです。
今回の取組は、【どこの書店・ネット書店】でかっても、【対応する電子書店】
なら無料提供する、ものです。
これにより独立系書店での電子書籍を利用したサービス拡充をめざしています。

●書店での販促
今回の企画には、東京都書店商業組合企画委員会にもご協力いただいてます。
都内の独立系書店と同時に、電子書店と提携する書店チェーン店とも
書店店頭での書籍販売促進施策を今後協議していくことになっています。

●実験
今後ともこの「プラス電書」サービスは継続する予定ですが、さらに専門書出版
社を中心にこのサービスへの対応を計画しています。
このサービスの有効性をはかるため、今回の2タイトルのサービスを実験と位置
づけて、アンケート調査を計画しています。
・無料ダウンロードした読者を対象
・どの書店で書籍を購入したか
 電書セットサービスは書籍購入の動機になったか、など
・対応電子書店の協力で実施
アンケート結果は年内に第一次集計を公開する予定です

────────────────────
〈報道関係お問い合わせ先〉
ポット出版 沢辺均・田中美菜
(株)スタジオ・ポット/ http://www.pot.co.jp/
150-0001 渋谷区神宮前2-33-18 #303
電話 03-3478-1774
────────────────────
電書ラボ http://densholab.jp/

関連記事

no image

電書ラボEPUB制作仕様 β0.9 公開

電書ラボEPUB制作仕様のβ0.9が公開されました。 電書ラボ - 電書ラボEPUB制作仕様

記事を読む

no image

電書ラボ公開セミナー2016の資料をまとめて公開

電書ラボ公開セミナー2016関連の資料をまとめて公開しました。 資料保存庫 - 電書ラボ公開セ

記事を読む

no image

手持ちのEPUBを読む方法(サイドロード)のまとめを公開

「電書リンク」の末尾に、 「手持ちのEPUBを読む方法(サイドロード)のまとめ」を追加しました。

記事を読む

no image

「電子書籍サイト一括検索」へのリンクを電書リンクに追加

電子書籍書店の検索機能にタイトルなどを投げて結果画面をiframeで表示してくれるサイトです。 【電

記事を読む

no image

電書ラボチェッカー試用レポートをいただきました

株式会社モバイルブック・ジェーピー PF 運営部さまより、電書ラボチェッカーの試用レポートをいただき

記事を読む

no image

電子書籍のセキュリティの現状と事例紹介(電書ラボ公開セミナー2017 第1回)

電書ラボでは昨年、「実践的な制作」の4回連続セミナーを開催しました。 2017年は、電子書籍制作を

記事を読む

no image

電書魂「epub-type=”noteref”を使った脚注ポップアップ」公開

電書魂にて、「epub-type=”noteref”を使った脚注ポップアップ」の詳しい解説が公開され

記事を読む

no image

「EPUB制作ガイドとの付き合い方」eBookUSER

さまざまな「EPUB制作ガイド」についての平易な解説。電書ラボガイドについてもとりあげていただいてい

記事を読む

no image

CTEより、IDML変換ツール_ベータDEMO版 が公開

CTEより、IDML変換ツール_ベータDEMO版が公開されました。 IDMLを読み取り、文字情報を電

記事を読む

no image

「資料保存庫」を新設、InDesignから文字コピペ問題など

ここ、電書ラボサイトに「資料保存庫」メニューを新設しました。 緊デジ事業中に、InDesignからの

記事を読む

2018.03.01 電書をネタに語る、懇親会

電書について、なんでもかんでもおしゃべり、ビールを飲みながら、ゆるーく

電書ラボ公開セミナー2017第3回 Gitを活用した電子書籍制作

電書ラボ公開セミナー2017第3回 Gitを活用した電子書籍制作 ●

電書ラボ公開セミナー2017 第2回 電子コンテンツの品質保証/ワークフロー、チェック、校正について

電書ラボセミナー・校正について、開催します。 参加、待ってマーす

電子書籍のセキュリティの現状と事例紹介(電書ラボ公開セミナー2017 第1回)

電書ラボでは昨年、「実践的な制作」の4回連続セミナーを開催しました。

Unicode次世代仕様10.0の内容が発表

Unicode次世代仕様10.0の内容が発表されました。 UTR#5

→もっと見る

PAGE TOP ↑