*

InDesign データ → 電子書籍で字形の変化する文字


InDesign データ → 電子書籍で字形の変化する文字 ChangeGlyphCharactor_ID2ebook PDF・4MB
田嶋淳(公開 2012年6月6日)

この文書は、「電書魂」サイトの主宰者・田嶋淳氏が2012年6月6日に公表したものだ。

田嶋氏自身の紹介によれば、この文書の目的は次のものになる。「inDesign ドキュメントをもとにして電子書籍を制作するにあたっ て、テキストデータへの変換時に字形が変わってしまう文字があ ります。これは、InDesign の画面上で見えている字形(グリフ)と、 バックグラウンドで保持している親字(キャラクター)が異なるこ とから起きてきます。以下はどういった文字がどのような変化を してしまうのか、どういった対策が必要となるのかのごく簡単な まとめです。校正時などの参考にしていただければ幸いです。」

目次────────────────────

合字
CID/GID 番号のみしか割り当てられていない文字
旧字体/印刷標準字体/エキスパート字形/JIS78 字形/JIS83 字形/JIS90 字形/JIS04 字形
すべての異体字(aalt)/修飾字形(nalt)
箇条書きリスト
スモールキャップス/オールキャップス
ビブロスフォントセットなどの外字フォント
SING グリフレット機能を利用した文字
フォントのバージョンによって字形の変わる可能性がある文字
Shift_JIS に割り当てがなく、UNICODE のみで使える文字
参考資料 1. 合字(任意の合字/リュウミン Pr6N)
参考資料 2. 合字(欧文合字/リュウミン Pr6N)
参考資料 3. CID/GID 番号のみしか割り当てられていない文字(リュウミン Pr6N)
参考資料 4. 旧字体(リュウミン Pr6N)
参考資料 5. 修飾字形 nalt(リュウミン Pr6N)


公開日:
最終更新日:2016/12/18

電書ラボ公開セミナー2017第3回 Gitを活用した電子書籍制作

電書ラボ公開セミナー2017第3回 Gitを活用した電子書籍制作 ●

電書ラボ公開セミナー2017 第2回 電子コンテンツの品質保証/ワークフロー、チェック、校正について

電書ラボセミナー・校正について、開催します。 参加、待ってマーす

電子書籍のセキュリティの現状と事例紹介(電書ラボ公開セミナー2017 第1回)

電書ラボでは昨年、「実践的な制作」の4回連続セミナーを開催しました。

Unicode次世代仕様10.0の内容が発表

Unicode次世代仕様10.0の内容が発表されました。 UTR#5

Kindleパブリッシングガイドライン改定&電書魂「更新内容チェック」公開

Kindleパブリッシングガイドラインが改定されたようです。 画像関

→もっと見る

PAGE TOP ↑